ヴェラクルス 地理学地図回し

こんにちは。レオン・グラシエーロです。

3/19に課金が切れるということで、急遽地図回しのメンバーを募りました。
参加してくださったシルフォンさん、kotomi3さん、ありがとうございました。

用意した地図は72枚。(うち1枚は、間違ってコピアポの地図でした^^;)
地図消化に掛かった時間が1時間20分ほど。
お二方とも、とてもスムースに動いてくださり、サクサク進みました^^

手にした熟練(地理学)は
ブラッド・ヴェガリー(レオングラシエーロの別アカキャラ)…約7000 R5→R7
kotomi3さん…約6000 R6→R7(かな?)
シルフォンさん…約4500 R8

時給換算すると、まぁまぁ美味しかったのではないかと^^

■今回の地図回しの概要■
もうすでにwikiや諸先輩がたのブログ等でもお馴染みかと思いますが、少しだけご説明を。

2アカウントカリブへ向かうわけですが
発見物[地理/カンペツェ湾]が発見済みの場合は、事前に報告を済ませておきます。

どちらかのキャラの荷物及びバインダーを出来うる限り空にします。これを地図持ちキャラと言います。

地図持ちではないほうのキャラで、ウイレムスタッド書庫にて地理学の本を読みまくります。
「書きかけの地図」視認 地理学R6 ヴェラウルスを出てすぐの湾 という地図が出たら
地図持ちキャラにトレードします。
再度読み始めます。
また出たらトレード…と繰り返します。

頭痛がしてしまったら、カラカスへ向かいます。
カラカス書庫でも地理学の本を読み漁り、該当地図が出たら地図持ちにトレードで渡します。
それを繰り返し、頭痛がしたらまたウイレムスタッドへ…。

以上のルーチンを繰り返し、地図持ちのアイテム枠が一杯になったら
メンバーを募り、ヴェラクルスへ向かいます。

ヴェラクルス出航所より、少し北へ進みます。
方向は出航したままで、舵をとる必要はありません。
地図の目標場所まで到達したら、停泊します。

地図持ちキャラが最初に視認をし、発見したら残りの人数分バザーを出します。
もちろん売るのは地図ですよ。
そのバザーから、まず一人が購入します。
購入した人は、速やかに視認をして発見します。
発見した旨のログが確認できたら、次の人が購入し、視認。
発見と出れば、その次の人が…。といった感じです。

全員が発見し終えたら、ヴェラクルスへ戻り
ラス・カサス(交易所左隣)に[地理/カンペツェ湾]を全員が報告します。
そしてまた出航し、地図持ちキャラから視認、発見したらバザー出して次の人…。
地図のある限り、これを続けます。

10周年記念祭

こんにちは、レオン・グラシエーロです。

ただ今より、Liveイベント「10周年記念祭」が始まります
7カ国の本拠地など、主要な街の港前に“港町への案内人”が登場しています。彼らに話しかけ、“小さな港町”へ向かいましょう
と、公式からのメッセージがありました。

丁度その時に居たセビリアの港前から、港町案内人に話しかけて記念港町へ。
青年シャビエルというNPCに話しかけると、祭りの協力者を募っているとのこと。

一人目は、配達人見習いメメ
この娘は、シャビエル君のすぐ近くにいるのですが、自分で誘う気は毛頭ないようです。
なので、プレイヤーがメメに話しかけて協力を仰ぎます。

メメさんを勧誘すると、なにやらタウン貢献値なるものがもらえました。
シャビエル君の横に居る港町の看板娘に話しかけると
貢献値に応じて貢献レベルをアップしてもらえます。
貢献レベルアップごとに、記念品があるようですね。

貢献レベルを2にあげてもらい、再度シャビエル君に話しかけます。
すると、ヴェネツィアの酒場手伝いのリサさんを連れて来いと。
このような感じで協力者勧誘は続きます。
続いて、セビリア広場のボンゴ・デ・ドミンゴ
ガナドール作戦本部のミッション管理人(この時点で植樹奨励書をもらう小ミッション発生)
リスボン広場のエッグマン

以上のNPCとの会話を終えると、シャビエルの説明を最後まで受けるを達成しましたと出ます。
16個のミッション項目があり、これはその中の一つだそうです。
業績記録係にミッション内容を確認すると
・シャビエルの説明を最後まで受ける
・協力者を5人集める
・協力者を10人集める
・協力者を全員集める(3/16時点では全4人、3/24に6人追加、3/31に6人追加 で計16人)
・セビリアの植樹を手伝う(ワールド問わず)
・ロンドンの植樹を手伝う(ワールド問わず)
・パリの植樹を手伝う(ワールド問わず)
・ローマの植樹を手伝う(ワールド問わず)
・サンフランシスコの植樹を手伝う(ワールド問わず)
・海賊ドン・ガブリエルを討伐する
・海賊グロッソを討伐する
・海賊ロジャーを討伐する
・シラクサ遺跡の探検を成功させる(難易度問わず)
・ピサ遺跡の探検を成功させる(難易度問わず)
・カンディア遺跡の探検を成功させる(難易度問わず)

こりゃ大変そうですな@@;

■協力者の集め方
港町の招待責任者に話しかけると、現時点で招待可能な人物を教えてもらえるようです。
その人のもとへ行って、話しかければ良いようです。
(3/16時点では全4人、3/24に6人追加、3/31に6人追加 で計16人)

■植樹事業の手伝い方
植樹奨励書をもらうには、航海距離・獲得経験値でのポイントを貯め
ミッション管理人1or2に話しかける必要があります。
セビリア・ロンドン・パリ・ローマ・サンフランシスコそれぞれの行政官に植樹奨励書を渡す。
それぞれの待ちで、全航海者の納めた奨励書が2000個に達すれば植樹事業の成功。
一度に20以上の奨励書を納めないとチャンスタイムが到来しない。
※チャンスタイムというのは、メメに記念ロットをもらうための権利と思えば良いようです。
※3/16現在、セビリアとロンドンでのみ植樹事業が行われているもよう。

■海賊討伐の仕方
3/24 10:30~ ドン・ガブリエル
3/31 10:30~ グロッソ
4/7 10:30~ ロジャー
対象期間中に、港町の防衛責任者にて「○○を討伐する」を選べば良いようです。

■遺跡探検の成功の仕方
3/24 10:30~ シラクサ遺跡探検隊結成
3/31 10:30~ ピサ遺跡探検隊結成
4/7 10:30~ カンディア遺跡探検隊結成
対象期間中に、指定街の遺跡探検隊長に話しかける。
ミッションでの遺跡探検はプレイヤー自らが行うのではなく
探検するNPCに入り口から指示を出すという、シミュレーションゲームになるらしい。

というわけで、3/16現在行えるのは
・最初の4人の招待(ほぼチュートリアル的なもの、とくに意識しなくても達成可能)
・セビリア・ロンドンでの植樹事業の手伝い

だけということですね。
とりあえず植樹奨励書を集めるべく、航海距離・経験値を稼ぎましょー!グッドラック!

□3/16 20:30追記
メメのメモリアルロットからは蜂蜜入りのパンケーキしか出ない?? (30個空けて全部そうだった)
チャンスタイムでは航海者ロットのほうが多少お得か??

ガンダム トゥルーオデッセイ 失われしGの伝説

こんにちは、レオン・グラシエーロです。

航海中って暇ですよね。
そこで、今回は私が暇つぶしとしてプレイしているゲームを紹介します。

プレイステーション2用ソフト[RPG]
「ガンダム トゥルーオデッセイ 失われしGの伝説」
というゲームです。

私は古い人間ですので、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)黎明期より
プラモデル作りを嗜んで来ました。
そんな人間にとって、このゲームは正にツボを突いてきます。

基本となる機体(頭部+胴体)に、様々なモビルスーツの肩・腕・足を
自由自在に組み合わせられ、カラーリングも各部位に施せます。
そのシステムが、ロールプレイングゲームというゲーム性と実にマッチしていて
難易度は高めですが、非常に良い仕上がりとなっています。

難易度が高いと言っても、昨今のヌルいゲームに比べれば、です。
初代ファミコン時代から遊んでいる人にとっては
このマゾさは、むしろ懐かしく思えて楽しめるかも知れません。

3

今なら500円以下くらいで手に入るので、ガンプラ好きな人は一度プレイしてみては?

※私はガンプラは好きですが、ガンダムそのものには詳しくありません。
※放映当初、ガンダムではなく「とんがり帽子のメモル」を観ていたからです(ノД`)

祝・ザナドゥ到達!

前回「後悔のその先」を終え、そのままロンドンの酒場で報告。
報酬として、回航許可証が100枚もらえました@@;

こんなことなら、もっと委任航行を豪快に使っておけば良かった。
よくいるでしょう?
RPGで最後まで「やくそう」や「どくけし」を使えずに貯め込んでいる貧乏性な人。
私もそのクチなのです。

それはさておき、いよいよラストのクエ出しです。
(とは言っても、実はザナドゥ後にも後続クエがあったりするのだけど
とりあえずの目標到達という意味で!)

途中、かなり出づらい希少クエなどもあったので、覚悟していました。
手持ちの斡旋書46枚。これでは多分足りないということで
金庫から154枚引っ張り出し、手持ち200枚へ。
いざ臨まん!

学問別(考古学)1回で出ました(´・ω・`)
いや、喜ばしいことなんやけどもね!

(ちなみにSSは撮ったのですが、いつものクセで
ctrl+shift+Aでウインドウ消して撮っちゃったもんだから
広場に自分と仲介人しか写ってないシロモノになっちゃいました。残念。
それでも見たければアップするけど!)

で、ロンドンから華南へ向かうのですが
少し気分を変えてみようということで、北東航路を取りました。
時間的にはそれほど短縮されるわけではないのだけれど
いや、ともすれば余分に時間かかるかも知れないのだけど
極北を通る時、えも言われぬノスタルジーを感じませんか?
GoogleEarthでグリーンランド等を見ると、ゾワゾワ~!ってするあの感覚です。
怖いわけではないけど、魂が打ち震える的な。僕だけか。あ、そう。
以前、フレの一人にこの話をしたら
「寒そうだから震えるんちゃう?」って言われました。
ちゃうねん!そういうことやないねん!

杭州へ辿り着き、なんやかんやあって、黄河下流へ。
到達しました!ザナドゥ!

2

ザナドゥへの道のり

いよいよ大詰め。最後の前提クエスト「後悔のその先」をクリアしました。
ザンジバル受け→ロンドン(オクスフォード)終了です。

期限付きクエストなので、運河が使えませんでした。

1